忙しい人のための純白地獄(1000ピース)

忙しい人のための純白地獄(1000ピース)

こんにちは、ジンジャエールはカナダドライ派、れぽです。甘めが好きなのです。当然割りにも使います。でも辛いのは嫌い。

今回紹介するのがこちら、『純白地獄(1000ピース)』です。

  • サイズ :26×38cm
  • ピース数:1000マイクロピース
  • 品番:BEV-M71-847
  • メーカー:ビバリー

ミルクのように真っ白い無地が美しいパズルです。ピースの滑らかな曲線を存分に堪能できます。

合わせているパネルはパネルマックス・ホワイト(EPP-66-123)。安価でシンプルなデザイン、作りもしっかりしています。

さて、今回は簡単かつ短時間で地獄パズルを完成させるのがコンセプトです。ポイントは裏面に印刷された4つのマークです。ビバリーのマイクロピースパズルは下のように●、ボーダー、▼、♣に分かれています。これを利用してお手軽に地獄制覇を達成しましょう。

まずは仕分けです。外枠ピースと裏面4種、それとマーク境に分けましょう。そして外枠を完成させ、マーク境を繋げます。

次に中身に取り掛かります。簡単なのは▼と♣、ピースの縦横と上下が確定するので並べて総当たりすれば楽勝です。大体2時間40分くらい。ボーダーは縦横は確定しますが上下は確定しないので1.5倍ほど時間がかかります。3時間10分くらいです。

そして一番の難関部分は当然●部分。縦横上下もわからない状態での総当たり、ですがたった200ピース余りなので終わりが見えないほどではありません。4時間くらいで終わります。

結局のところ、このピース数なら並べて総当たりが一番早いのです。実質200ピースパズルを4つ組むだけなのですから。裏面のマークの途切れ具合を観察するくらいなら、ピースの凹凸と長さで絞ったほうが感覚的に合わせやすいはず。さあ、あなたも純白地獄に挑戦してタイムを競い合いましょう!(暗黒地獄でも可)

このパズルはタイムアタック企画で組んでいたものです。2018年9月の記録は15時間1分22秒、ストップウォッチはwebサイト[https://stopwatch.onl.jp/]を使用しました。

このパズルは昔組んだことがあって、ジグソーパズルについて私に二度目の転機を与えてくれました。これで私は自分の趣味にジグソーパズルを加えるようになったのです。でもどこで購入したのかはよく覚えていません。時間を掛けて完成させて、糊付けが上手くいかなくてそれが気に入らなくて、引っ越しに邪魔なので捨ててきました。それが少し引っかかっていたので、今回企画に絡めて再挑戦できて良かったです。

ちなみに一度目は転校時に送られたディズニーの500ピースパズル、どこかで言いましたが星座モチーフの思い出のパズルです。あの後持て余していた1000ピースパズルを両親がくれました。あれはディズニーのオールスター系パズルでした、懐かしい。あの頃は完成させては崩し何度も遊んだものです。

と、思い出話もここまで。今回の紹介も終了です。商品リンクはこちらからどうぞ。

それではぐっばい!